COLUMN

ビジネスパーソンにとってのPower BIの魅力とは

column1

今回は、Power BIのサービスはどんなビジネスパーソンに使っていただきたいか、ビジネスにおける魅力についてご紹介します。
 

Power BIで、データ分析が専門家だけのものでなくなる

「Power BIは、データ分析ができる人むけなんでしょう?」
「データ分析なんて、専門家だけのものでしょう?」

そんなイメージを持っている人はまだまだ多いでしょう。あるいは、オンラインマーケティングやウェブ解析業務でなければ、データの扱いなんて仕事には関係ないと思われるかもしれません。

でも実際は、日々の売上も、顧客の人数や情報も、営業成績も、データ化されていないものなんて、ほとんどない時代です。社内の業務に関わる数字は、Excelなどで個別の書類として保存されているかもしれませんが、それが利活用の可能性を秘めた「分析データの素材」であるとはみられていないかもしれません。いままでは、報告書を作ったり、売上の合計を出して終わりになったりしていたデータ。そこから、新たなビジネスの可能性を発見する時代になっています。そして Power BIはそのお手伝いを行うことができるツールなのです。

私たちは、このPOWER BI FORUMの読者の皆さんを含む、あらゆる業務に携わるすべてのビジネスパーソンに使っていただきたいと思っています。

データを分析する…とまではいかなくても、データを可視化する仕事は、もはや経営層などのエクゼクティブだけ、管理職だけのミッションに留まりません。みなさんの日々の業務でも、日常的に目にしていたデータをレポート化する、グラフ化して報告する機会や要望が増えていませんか?

その業務、Power BIさえあれば、スムーズに、スマートに行えてしまいます。しかも、利用するのはいつも使っているExcelのデータでもOKですから、新たなデータ収集から始める必要もありません。
 

ビジネスユーザーが操作しやすいインターフェース

もし、ビジネスで本格的な分析ツールを使い始めるとしたら、講習や学習が必要になりますが、Power BIは、Microsoft Officeを使いこなしているビジネスユーザーであれば、かなりの部分を直感的に操作できてしまうインターフェースになっています。Excel業務の延長線で、データ統計や集計の可視化が可能になるのも、また大きな魅力と言えます。

Power BIを使えば、ExcelやCSVのデータを用いて、簡単な操作で日々の業務を可視化することができます。グラフ化やビジュアライゼーションを行い、多様な視点から作成されたダッシュボードを短時間でつくることも可能です。

column_02

ダッシュボードを作ることが分析ではありません。これからデータ分析を始めたいと考えるみなさんには、作成したダッシュボードで、変化するデータを一日一度はチェックする習慣をもっていただきたいと思います。

月次で報告していたレポートや、プレゼンのためのグラフ、ルーチンとなっていた報告書など、いままでは単に独立して存在した数字を、Power BIの「ダッシュボード」で、リアルタイムに更新でき、時系列を持って遷移するインタラクティブに操作可能な形で可視化できるようになると、データを見る側のセンスも自然と養われてきます。

手元にあるけれど活用しきれていなかったビジネスの売上のデータを、顧客別や支店別などに切り替えながら時系列で見渡すことも、Power BIならば簡単です。これまでは気づかなかった相関性や、変化にもずっと気づきやすくなります。まずは「分析」や「データ評価」などと大仰に考えなくとも、データを可視化することからはじめて見てはいかがでしょうか?

「数字を見る」習慣を定着させることで見えてくるものがあるはずです。
 

誰でも無料ではじめられる魅力

Power BIは無料で使い始められるので、導入のコストを心配せずに今日から使い始めることができるのが、一番の魅力ではないでしょうか。使ってみたいけれど、会社の稟議までは時間がかかる…という場合でも、組織のメールアカウントさえ使うことができれば、会社のパソコンでも、自宅のパソコンでも、すぐにPower BIを使い始めることができます。

社内でなかなか時間が取れない、忙しくてインストールを試せないといった場合にも、自宅のパソコンにソフトをインストールすれば、Power BIの操作学習も継続できます。もちろん、触れてみて、Power BIの魅力を感じていただけたら、ぜひ、社内での導入を積極的に検討いただければと思います。

次回からのコラムでは、Power BIの個別の機能と特徴について、触れていきたいと思います。

kitagawa_2
北川剛(キタガワツヨシ)
日本マイクロソフト株式会社
日本マイクロソフトで Azure を含むサーバー製品を担当するプロダクトマネージャー。 大学時代にインターネットの洗礼を受け、研究室でデータベースを利用したウェブシステムを構築するというきっかけを得たことから、データベースの道に進むことに。現在はデータベースだけではなく、クラウド上のサービス群もカバーするという難題を NIKU を燃料に対応している。