COLUMN

Power BIとデータベースとの親和性は?

column1

今回は、Power BIとデータベースの関係から、少し話を広げてみましょう。AccessやSQL Serverなど、Power BIと連携するデータベースについて紹介します。

 

AccessとPower BIの関係

Microsoftの製品群をお使いの方からは、Power BI Desktopを触ってみると、Accessとインターフェースが似ていると感じた、という感想をいただくことがあります。

Microsoftの小規模リレーショナルデータベースソフトであるAccessは、「データの関連付け」がソフトのうちでも重要な機能のひとつです。Power BI Desktopにも、データの関連付けを行う「リレーション」ビューが用意されています。こちらの画面は、Accessのリレーション編集画面とルックアンドフィールが似たものになっています。Accessを使ったことがある方は、Power BI Desktopのリレーショナル画面を感覚的に使いこなせる、というのはよくあることです。

ただし、ほかの部分では、2つのソフトはかなり異なります。というのも、Accessは、データ入力や検索に使われることがメインで、いわばデータの出入り口として使用します。一方、Power BIは取り込んだデータの「可視化」に使われるのがメインなのでデータの出口になります。

 

企業で使われる幅広いデータベースとの連携をサポート

Power BIのデータベースの読み込みは、Microsoft製品に限られません。

日本の企業で現在使われているデータベースは、Microsoft SQL Server、Oracle Databaseが二大シェアになっています。そのほかにもIBM DB2やSybase、Teradataなども、よく利用されています。これらのデータベースは、すでにPower BI Desktopでもサポートされています。日本の企業が導入しているであろう一般的なデータベースはすべて接続可能といってもよいでしょう。

オープンソースのデータベースを利用されている場合も含め、SAP HANAやSalesforceのデータも取れるようになっています。

Power BI DesktopやExcelのPower Queryで「データの取得」のリストに表示されないデータベースがあった場合も、ODBC(Open Database Connectivity)という機能を使うと接続可能になることがあります。たとえば最近利用者の増えているAWSはメニューにはまだありませんが、Amazon AuroraやAmazon Redshiftにも前述の ODBC で接続可能です。

Power BI Desktopを使うとき、データベースやサーバー環境もMicrosoftの製品群で揃えていないと使えないのでは? という心配はありません。もちろんクラウドを利用するのであればAzureのほうが、さらに簡単に接続できますが、オンプレミスからクラウドまで、幅広い環境と接続してご利用いただけます。

例えば、ECサイトなどを持っていて、その売上分析をしたいという場合、Power BIサービスは最適なツールです。この場合、ECサイトの売上や顧客のデータが、どのデータベースに入っているかが分かっていれば、社内の環境からPower BI Desktopを使用して直接データを取得できます。あとは自動更新で常に新しいデータを取得しながら、日々のデータ可視化・分析に利用できるようになります。最低限、データベースの環境を知っておく必要はありますが、データの取得自体は、そんなに難しいことではありません。

もちろん、JSONもサポートされているので、直接読み込めないデータであっても、中間形式としてJSONでデータを書き出せる機能があれば、その形式を経由して読み込むこともできます。

 

Power BIとPower Queryの違い

Power BI Desktopのデータ取得とExcelのPower Queryのデータ取得の画面では、表示されるデータベースの種類が多少異なることにお気づきの方もいるでしょう。

database対応

データベースとの連携機能は、Excel 2010のPower Queryから長い年月を経て利用されていますので、機能自体はきわめて安定しています。しかし、Power BI Desktopでは、最新の機能をいち早く取り入れるため、さらにベータ版を含む連携機能が随時、搭載されています。データを取得の「Azure」以下、「その他」以下には、多数のベータが選択可能になっています(リンク:(http://bi.pasona.co.jp/technique/881)に詳細リストあり)。

その後、正規版になったものは、今後ExcelのPower Queryでも読み込み可能になる予定です。

今回は、Power BIで扱うデータソースとなる、データベースとの親和性について紹介しました。Power BIを社内でより幅広い業務へ導入する参考になれば幸いです。

kitagawa_2
北川剛(キタガワツヨシ)
日本マイクロソフト株式会社
日本マイクロソフトで Azure を含むサーバー製品を担当するプロダクトマネージャー。 大学時代にインターネットの洗礼を受け、研究室でデータベースを利用したウェブシステムを構築するというきっかけを得たことから、データベースの道に進むことに。現在はデータベースだけではなく、クラウド上のサービス群もカバーするという難題を NIKU を燃料に対応している。