NEWS

ダッシュボードのレイアウト作業を楽にするレスポンシブ機能がリリース!

NEWS_0907_0

PC、モバイルに両対応型のWebサイトで採用されることが多い、レスポンシブデザイン機能が、Power BIのダッシュボードで利用可能になりました。

 

レスポンシブとは

レスポンシブ(responsive)とは、閲覧しているブラウザのサイズに合わせてデザインを自動的に調整できるように、あらかじめ複数のレイアウトを用意し、状況に合わせて瞬時に切り替える機能を指します。「レスポンシブデザイン」「レスポンシブWeb」などとも呼ばれます。

Power BIのダッシュボードには、PC用とモバイル用の2種類がすでに用意されていますが、今回はさらに、一つひとつのチャートが「レイアウトサイズに合わせてデザインが自動調整される」レスポンシブ機能が追加されました。

 

Power BIのチャートを縮小するとデザインが変化

Power BIのレスポンシブチャートを下に紹介します。チャートのサイズを変更すると、凡例の位置が横から上に変わったり、数値軸が省略されたりして、それぞれの状況でもっとも見やすいレイアウトになるように自動調整されているのがわかります。

NEWS_0907_01

このように、ビジュアライゼーション自体が、レイアウトに合わせて内容を変化させるのであれば、ダッシュボードのレイアウトが一段と楽にできそうです。

このレスポンシブ機能は、ダッシュボードだけではなく、レポートやモバイル用ダッシュボード、埋め込み機能を使って外部サイトやアプリにチャートを貼り付けした場合などにも適用されます。この機能を使えば、1つのビジュアライゼーションを作成したのち、スクリーンの表示サイズに合わせてレポートを調整する手間は必要ありません。

 

レスポンシブを作成する手順

レスポンシブ機能のオン・オフは、対象となるビジュアライゼーション選択した状態で「書式」ペインを開き、「全般」の項目にある「レスポンシブ」をオンにします。

NEWS_0907_02

現在は、すべてのビジュアライゼーションにおいて、レスポンシブ機能はデフォルトで「オフ」に設定されていますので、過去に作成済みのチャートをレスポンシブに切り替えるには、この「全般」の項目で「レスポンシブ」をオンにしてください。

また、チャートのレスポンシブ機能をオンに切り替えた際、その内容をダッシュボードに反映させるには、レポート上でリピンする(いったんピン留めを外し、改めてピン留めし直す)必要があります。レスポンシブ機能をオンからオフに切り替えた場合も同様に、リピンの作業が必要です。

今後、すべてのチャートに対して完全にこの機能が適用できるようになった後は、デフォルトが「オン」に変更される予定です。

いかがでしたか。複数のスクリーンサイズで閲覧されることが多いレポートでは、ぜひ使ってみたい機能です。レスポンシブ機能がスクリーンサイズに合わせてデザインを調整してくれることで、レイアウトにかける時間も短縮でき、集計作業時間もさらに短縮できそうです。ぜひ、お試しください。