NEWS

Power BIに新登場した 優れモノのビジュアライゼーション2種

03-visualsgallery

こんにちは、POWER BI FORUM 編集部です。
今回は、Power BIの目玉機能「視覚化」に追加された新たなビジュアルのご紹介です。

「視覚化」は、取り込んだクエリを、ワンクリックでチャートやグラフに変換する機能ですが、独自にカスタマイズしてオリジナルのビジュアライゼーションのプラグインを開発することも可能です。マイクロソフト社からは日々、新しいビジュアライゼーションがリリースされており、ダウンロードして利用することもできます。
今回はその中から、新しいビジュアライゼーションを2つご紹介します

 

ホリゾンタル・ファネルチャート

ファネルチャートとは、時間の軸に沿って、データの量を幅で表すチャートです。たとえば、販売データの四半期ごとの移り変わりをプレゼンテーションする際などに使用することが多いものです。

ファネルチャートは、Power BIの視覚化にすでにありましたが、垂直方向のデザインのみでした。(現在、Power BI日本語版で「フィルター」とツールチップが表示されているボタンがその機能です)

今回新しく追加されたのは、水平方向に時間軸が延びるタイプになっています。

下図の例のように、アプリやウェブサイトにランディングしたユーザーが、ページを遷移して購入に至るまでや、途中でページを離脱したことなどを分析する際などに、重宝するビジュアライゼーションです。

01ファネル
キャプション:ホリゾンタル・ファネルチャートの例。

以下の動画では、ビジュアライゼーションの利用方法を確認できます。

 

パーセンタイルチャート

次に紹介するのは、パーセンタイルチャートです。分布を小さい方から並べていってパーセント表示にするものです。
「百分位」ともいいます。主に値の分布を視覚化するときに便利なチャートです。

たとえば、
「掛かってきたサポート通話のうち、95%以上は5分以下で終了する」
「実行されるAPIの処理のうち、90%以上は200ミリ秒以下に完了させる」
「本日販売した商品から、“75パーセント点”に当たる商品を見つける」

こんな分析が必要になったら、パーセンタイルチャートの出番です。平均や最大/小の値だけではわからない、ボリュームゾーンやロングテールの延び具合などを確認するのに役立ちます。
02-percentile
キャプション:パーセンタイルチャートの例。

ここで紹介するパーセンタイルチャートのビジュアライゼーションを使えば、対象となる値のフィールドをチャートの上にドラッグ&ドロップするだけでパーセンタイルチャートが作成できます。追加で計算などを行う必要はありません。

操作の様子は、以下の動画でも確認できます。

いかがでしたか? どちらのビジュアライゼーションも、マイクロソフト社のVisuals Galleryからダウンロードが可能です。

03-visualsgallery
キャプション:「視覚化」のプラグインが多数公開されているVisuals Gallery(https://app.powerbi.com/visuals/

ギャラリー内には、ほかにも多数のビジュアライゼーションプラグインが公開されているので、今後もPOWER BI FORUMのニュースでご紹介していく予定です。

※今回紹介したプラグインについてさらに詳しい情報は、以下でご覧になれます(英文記事)。

ホリゾンタル・ファネルチャートの紹介
http://blogs.msdn.com/b/powerbi/archive/2016/01/08/visual-awesomeness-unlocked-horizontal-funnel.aspx
パーセンタイルチャートの紹介
https://powerbi.microsoft.com/en-us/blog/visual-awesomeness-unlocked-percentile-chart/
では、また次回!