NEWS

Power BIとExcelの連携がさらに便利に!「Excelで分析」機能のアップデート

20160915

7月のアップデートで、Power BIの「Excelで分析(analyze in Excel)」機能がさらに便利に、Excelから利用できるようになりました。今回は、このニュースを紹介します。

 

Excelで分析とは?

4月のアップデート情報でも紹介したPower BIの「Excel で分析」機能は、Power BIに取り込んであるデータセットやレポートのデータを用いて、デスクトップにインストールされているExcelで、集計分析を行えるようになる便利な連携機能です。

これまで、Power BIにデータを取り込んでしまうと、そこで成形したデータは取り出すことができないため、Excelのピボットテーブルで分析する必要が出た際などに、重複した作業を強いられるという点がネックになっていました。

「Excel で分析」を使えば、一元化されたデータを、Power BIだけでなくExcelでも利用できるので、Power BIに置いたクラウドデータを、より幅広く使うことができます。なお、この機能を利用するには、あらかじめ「Power BI Publisher for Excel」というアドオンを追加インストールする必要があります。

 

今回のアップデートでの改善点

Power BI Publisher for Excelの7月のアップデートにより、「Excelで分析」を行う際にファイルダウンロードが不要になるなど、よりスムーズにデータを連携できるようになりました。以下に特長をまとめます。

・OLE DBドライバのインストールが不要になりました。今後はPower BI Publisher for Excelにこれらの機能が含まれるため、インストールも、アップデートも個別に行う必要はありません。つねに最新のPower BI Publisherをアップデートしていれば、OLE DBドライバも同時にアップデートできます。

・「Excelで分析」をクリックした際、連携に必要だった.odcファイルのダウンロードも不要になりました。今後は、Publisherによってデータベースに接続され、ピボットテーブルの作成まで自動で行われます。使いたいレポートまたはデータベースを選択するだけで、すぐにExcelで作業を始められます。

・1つのワークシート内で、Power BIの複数のデータへ接続したり、複数のピボットテーブルを作成したりすることができます。

 

新しい「Excelで分析」による接続方法は?

次に、アップデートされた「Excelに分析」の接続方法を紹介します。

1)あらかじめ、Power BI Publisher for Excelをダウンロードしておき、Excelを起動して「Power BI」リボンタブを開きます。

2)エクセルシートの任意の箇所をクリックまたは選択しておき、「Connect to Data(データへ接続)」ボタンをクリックします。
20160915_1

3)ダイアログが表示されるので、接続するPower BIデータのレポート名あるいはデータセット名を選択し、「Connect (接続)」をクリックします。

接続手順は以上です。とてもシンプルな操作で、ピボットテーブルでのデータ分析をスタートできます。なお、このデータはPower BIのクラウドにライブ接続しているので、ピボットデータを操作すると、Power BIからの常に最新のデータを読み込んでクエリを作成します。

注意1:本記事の執筆時点では、共有されたデータは選択できません。
注意2:オンプレミスのSQL Server Analysis Servicesを使っている場合は、Power BI経由ではなく、オンプレミスのデータ接続を使ってください。

 

サンプルデータで試してみる

もしも、自分のPower BIアカウント上にまだ利用できるデータがない場合、サンプルデータを使って機能を使用できます。その場合は、「Connect to Data(データへ接続)」ボタンをクリックしたあとに表示される警告のダイアログで「Connect to Sample(サンプルへ接続)」をクリックしてください。
20160915_2