NEWS

Excelレポートの読み込み対応やファイルサイズ制限アップ(5月13日更新分)

NEWS_0708

こんにちは、POWER BI FORUM編集部です。
今回は、5月付けで発表されたPower BIのサイト関連の新機能、およびモバイルの新機能を紹介します。

 

Power BIサイト関連の新機能

ExcelのレポートをPower BIで利用しやすく

Excelのワークブックをローカルや他のストレージサービスなどからアップロードできるようになり、ExcelのレポートをPower BIで利用しやすくなりました。これにより、Excelに埋め込んだピボットテーブルを使ったり、データに特殊なフォーマットやドリルダウンが施されたりしている場合もPower BIにスムーズに引き継げます。

またこれまではOneDriveにストレージされていたファイルのみアップロードできたExcelレポートですが、その範囲を拡大しました。これからはローカルファイルからでも、ほかのストレージサービスからもアップロードが可能になります。

この操作を行うには、「データを取得」ボタンから「ファイル」を選び、「ローカルファイル」を選んだのち、ファイルを指定します。そのあとに表示される新しいダイアログで、「ExcelのデータをPower BIにインポートする」「ExcelファイルをPower BIへアップロードします」という2つのオプションが表示されるので、「アップロード」を選択します。

NEWS_0708

 
サイズ制限がアップした「データを取得」

Power BIのサイトで、「データを取得」から読み込むことのできるファイル1つあたりのサイズ制限が1GBに増えました。

また、Enterprise Gatewayをセットアップする際、SQL Server Analysis Servicesのサーバーを利用可能になりました。

参考URL:
https://powerbi.microsoft.com/en-us/blog/power-bi-gateways-april-update/

 
行レベルセキュリティ(RLS)の新機能

AAD グループを割り当てできるようになりました(プレビュー機能)。この機能を使うことで、グループ単位で役割の割り当てでき、複数ユーザーの割り当てを一気に行えます。

また、行レベルセキュリティの役割について、実行する前にテストをしたいという要望が多かったため、「Role」メニューの中から、「Test data as role」を選択して、テストができるようになります。

他にもRLSのルールを各自で追加できるようになりました。

 
ダッシュボードの新機能「お気に入り」

ダッシュボード画面の右上に、お気に入りボタンが追加されました。☆のマークをクリックして開いているダッシュボードをお気に入りに追加できます。

NEWS_07081

画面左のナビゲーションメニューで「お気に入り」をクリックするとお気に入り登録済みのダッシュボードが一覧されます。「おすすめのダッシュボード」とあわせて使うことで、よく使うダッシュボードへすばやくアクセスが可能になります。

NEWS_07082

 

モバイルアプリのアップデート

レポートにすばやくアクセスできるQRコード

レポートの画面で右上にある「…」メニューから「QRコードを生成」すると、レポートにアクセスできるQRコードを作成できます。

この画像をコピーなどして、メール送信したり、印刷物に組み込んだりすることができます。スマートフォンアプリのPower BIで読み込むと、指定されたレポートにアクセスできます。

NEWS_07083

NEWS_07084

 
Windowsモバイルのアプリに通知機能

Windowsアプリに、通知機能がつきました。同僚が、自分を含めてダッシュボードのデータを共有した際には、アプリから通知を受信できるようになりました。

 
SQLServer 2016レポートサービスの改良

iOSとAndroidアプリにて、パラメータを使ってデータセットを共有できるようになりました。これにより、読み込み時間、データ量を節約できます。また、特に気になるデータだけを見やすくできるカスタムテーマも利用できます。

 
グローバル検索とクイックアクセスがAndroid版にも追加

Android版にもグローバル検索とクイックアクセスが追加されました。前回のニュース(6月16日の記事リンク)でも紹介したように、クイックアクセスではアプリでよく見るレポートを開きやすくなります。またグローバル検索はユーザー名やレポート名での検索が可能です。

 
その他の改善

レポートでスライサーを使用する際にマルチ選択ができるようになりました(iOS、Android、Windowsモバイル)。また、Android版では、SQL Server 2016のReporting Services (SSRS)でNTLM 認証をサポートしました。

以上、主な最近情報をまとめてお届けしました。次回はPower BI Desktopの更新情報をお届けする予定です。