NEWS

知っておきたい! 便利なPower BIの機能アップまとめ(2016月1月6日付け):後編

3323.pinExcelChartPin

こんにちは、POWER BI FORUM編集部です。

今回は、最近のPower BIの主要アップデートまとめの後編です。前編は、以下の記事をご覧ください。

知っておきたい! 便利なPower BIサービスの機能アップまとめ(2016月1月6日付け):前編

 

レポート作成の新機能

1) 現在のレポートページを印刷
レポートページも印刷できるようになりました! レポートのページごとに印刷できるので、ちょっとしたミーティングなどに持参するときも便利ですね。対象となるレポートを開いておき「ファイル」メニューから「印刷」を選択します。

BI_NewsAddFeatures_s1001

BI_NewsAddFeatures_s1002
印刷プレビューが開きます。用紙サイズを指定して、印刷できます。

2) ビジュアライズに使用したデータをエクスポート可能に
レポートに使用している個々のビジュアルから、そのデータをCSVファイルとして書き出せるようになりました。レポートの画面で、書き出したいビジュアルの右上の「…」ボタンをクリックして「Export data」書き出しのボタンをクリックすると、CSVファイルを書き出せます。

BI_NewsAddFeatures_s1003

 

接続性の向上

1) SharePointのサイト上のファイルと接続
Power BIで、SharePointのチームサイト上にあるファイルを利用できるようになりました。使い方は、これまでも利用できたOneDrive上のファイルと利用するのと同じ感覚です。「データの取得」ボタンから「ファイル」を選び、一覧から「SharePoint -Team Sites」を選びます。

BI_NewsAddFeatures_s1004

 

Excelとの連携

1) ExcelオンラインのレポートをExcelで編集
Excelとの連携をスムーズにするための機能として、Excelのファイル全体をPower BIに取り込んだ場合、Power BIを使っているときに、「編集」メニューからデスクトップ版のExcelを起動することができるようになりました。Excelオンラインにまだない機能が使いたいときなどに便利な機能です。

Excelとの連携についてはこちらもご覧下さい。
https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/documentation/powerbi-bring-in-whole-excel-files/

2) Excelで作成したチャートをピン留めする
Excelで作成したチャートを読み込み、ピン留めする機能が付きました。Excelでの作業をムダにしたくない、という方におすすめの機能です。

詳しくは、こちらをご覧下さい。
https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/documentation/powerbi-service-pin-a-tile-to-a-dashboard-from-excel/

3323.pinExcelChartPin

3) Excelのタイルの書式が改善されました
Excelには、様々な書式設定が用意されていますが、Power BIにそのまま適用はできませんでした。タイルの詳細設定に、 「Keep Original Content Size」の機能が追加され、見た目を崩さずにタイル表示させることが可能になりました。タイル時のチャートの画質についても、最適な解像度を保持できるように改善を加えています。

 

その他

1) Power BI in Brazil
Power BI サービスがブラジルでもスタートしました!

2) Hebrew and Arabic Support
ヘブライ語とアラビア後もサポートされました。現在、Power BIは44カ国語で利用できます。

以上で最近の新機能まとめ報告は終了です。ユーザーのみなさんにとって、お気に入りの新機能がひとつでも増えていたら幸いです。みなさんも改善希望があれば、Power BIの画面上部にあるスマイルマークから送ってみませんか?

BI_NewsSmile