NEWS

Power BIのアプリをご紹介します

1

こんにちは、POWER BI FORUM 編集部です。

高機能なデータ解析とビジュアルプレゼンテーションを可能にするPower BIですが、スマートフォンでお使いいただけるのをご存じですか?今回は、iOS用Power BIアプリが「横置き(ランドスケープ)モード」搭載し、バージョンアップして登場したニュースと合わせて、アプリについてご紹介したいと思います。

 

お使いのモバイルデバイスでもPower BI

Power BIはWebサービスのため、OSを選ばず、さまざまな環境から本格的な機能をお使いいただくことができます。ただし、画面の小さなスマートフォンでPC画面並みの情報を閲覧するのは、ちょっと厳しいですよね。

でもご安心ください。Power BIには、iPhoneやiPad、Androidスマートフォンで使える専用アプリがリリースされているため、お使いの端末で無料ダウンドーロして、すぐに使うことができます。

iPhoneアプリのダウンロードURL
https://itunes.apple.com/jp/app/microsoft-power-bi/id929738808?mt=8

iPadアプリのダウンロードURL
https://itunes.apple.com/jp/app/microsoft-power-bi/id929738808/

AndroidスマートフォンのダウンロードURL
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.powerbim&hl=ja

モバイルデバイスなら、外出先やちょっとした打ち合わせの場でもササっと取り出して、同僚や上司にデータをわかりやすく共有できますね。プリントレスで環境にもやさしいですし、これで仕事が捗ること間違いなし。まだお試しでない方は、ぜひインストールしてみてくださいね。

 

iPhone版のPower BIが横置きモードに対応

これまで、スマートフォン版のPower BIアプリは狭い画面に合わせてレポートが1つずつ縦方向にレイアウトしていましたが、11月にリリースされた新バージョンからは、横置きモードが登場。

この横置きモードを使うと、レポートの表示がガラっとチェンジします。横置きモードでは、PCやiPadで閲覧できるダッシュボードの体裁がそのまま閲覧できるようになりました!

横置きモードを体験するには、スマホを傾けるだけです。スマートフォンを傾けるだけで縦・横の切り替えが瞬時に行えます。

1

 

ピンチ・タップなどの直感的な操作も可能

また、スマートフォンアプリならではの操作も可能です。たとえば、1つ1つのレポート(タイル)は、タップするだけでフォーカスモードに切り替わります。スクロールしたりタップしたり、数値をインタラクティブに表示でき、小さな画面でもデータが見づらくなることはありません。

2

拡大表示から元に戻るには、左上の「←」の部分をタップすればOKです。もちろん、ダッシュボードはピンチして拡大縮小も可能ですよ。

3

フォーカスしたり、縦横を切り替えてみたり、あなたの動きに合わせて表示はすばやく調整され、どのデータもベストの状態で閲覧できる、使っていてとても気持ちいいアプリです!

オフィスでのペーパーレス化が進んでいる今日この頃、さらにパワーアップしたPower BIアプリのデータ閲覧機能を、ぜひ、日々の業務にもお役立てください。

ではまた次回!

英語版記事:
(http://blogs.msdn.com/b/powerbi/archive/2015/11/02/enjoy-the-landscape-with-the-power-bi-iphone-app.aspx)