NEWS

Power BIサービスアップデート情報(3月11日付け)

news2-7

こんにちは、POWER BI FORUM編集部です。

今回は、Power BIサービスの3月付けアップデート情報をお届けします。

 

ダッシュボード関連の新機能

 

新機能1:フルスクリーンモードから印刷

Power BIをフルスクリーンモードで使用する人が多いということで、画面を標準モードに戻すことなく、そのまま印刷できる機能がつきました。フルスクリーン時に右下に表示されるメニューから印刷のボタンをクリックします。
News2-1b
フルスクリーンモードで右下に表示されるメニュー。印刷マークのボタンをクリックすると、印刷ダイアログが表示されます。
news2-3
フルスクリーンモードのまま印刷ができます。

 

新機能2:フルスクリーンモードの「幅に合わせる」機能

フルスクリーンモードのメニューに「幅に合わせる」ボタンが追加されました。フルスクリーン表示した際、レイアウトが見づらい場合は、このボタンを使ってください。
news2-2
幅に合わせる前の状態。このように表示がみづらい場合は幅に合わせる」を使います。

news2-3
幅に合わせた後の状態。タイルが画面幅にフィットして拡大され見やすくなりました。

 

新機能3:タイルフローのオン・オフ

ダッシュボードのタイルの位置を、フロー可能にするか固定にするかを設定するオプションを追加しました。画面に合わせてタイルを移動させたいユーザーはフローをオンに、常に同じ並びで固定表示させたいユーザーはオフで使ってください。

設定は、ダッシュボード名前の横の「…」をクリック、「設定」をクリックして、「ダッシュボード」→「ダッシュボードタイルのフロー」で「タイルのフローをオンにする」のチェックをオンまたはオフにします。
news2-3a
ダッシュボードの詳細画面から「設定」をクリック。

news2-3b
「ダッシュボード」の設定の「ダッシュボードタイルフロー」で設定を行います。

news2-4
タイルのフローオフでは、タイルの並びはピン留めした場所に固定になります。

news2-5
フローオンでは、左上を基準に画面サイズに合わせて、タイルを詰めて並べ替えます。

 

クイック分析とQ&Aの新機能

 

新機能1: 相関と傾向のためのトレンドライン

クイック分析(Quick Insight)の機能は、手持ちのデータで手軽に分析をスタートするときに役立つ機能です。今回のアップデートで、クイック分析で作成されるチャートに、「トレンドライン」が加わりました。
news2-6
新しく追加されたトレンドラインのチャート

 

新機能2: Q&Aに追加されたゲージチャートとエリアチャート

Power BIには、ダッシュボードで文章(自然言語)を入力すると、自動的にチャートが作成されるQ&A機能があります。たとえば、フォームに質問文を入力すると、その回答としてグラフが得られるので、図表の作成がより簡単になります。チャートの形式を指定もできます。

今回のアップデートでは、このQ&Aに「エリアチャート」「ゲージチャート」がサポートされました。チャートを表示するにはQ&Aで、“as area chart” or “as gauge”と最後に追加するだけです。

news2-7
エリアチャートの例

News2-7bゲージの例
ゲージの例

 

新機能3: Q&Aのオートコンプリート改善

検索クエリーの自動補完が強化されました。数文字から補完候補が表示されるようになったほか、「as」など決まった単語を入力すると、続けてチャートの形式がサジェストされるなど、よりQ&Aが利用しやすくなりました。
news2-8
数文字入力するだけで、オートコンプリート機能で候補が表示されます。

news2-9
as を入力すると、そのあとにチャート名が表示されるなどのサジェストが強化されました。

現在のところ、日本語のQ&Aのチャート作成の状況は英語の自然言語検索ほどはスムーズではありませんが、オートコンプリートやサジェストも搭載されているので、工夫次第では日本語でもかなり使いやすくなっています。ぜひ、Q&Aでのレポート作成もお試しください。

では、また次回!