NEWS

Power BIソリューションテンプレートのリリース

20160815_news1

Power BIで強力な分析レポートをスピーディに作成するためのソリューションテンプレートが登場しました。最初に登場した2つは、「Microsoft Dynamics CRMのためのセールスマネージメント」と「Salesforce向けのセールスマネージメント」です。

 

ソリューションテンプレートの特徴

ソリューションテンプレートを使うと、ガイドに従って作業を進めるだけで、実践で使えるレポートがすばやく作成できるだけでなく、それをベースにカスタマイズを簡単に行うことができます。レポート作成のために、次の3つの特徴を備えています。

1.初回にデータソースからフルデータを読み込んだあとは、追加分や変更分だけも読み込むので、効率的なデータ管理が可能です。
2.あらかじめ使いやすく設定済みのデータベースと、Power BIの分析力でKPI分析や効果測定を行います。
3.Power BIでレポートを作成するための初期セットが用意されているので、時間をかけず、分析を始めることが可能です。

Power BIソリューションテンプレートは、Power BI とその他のデータをまとめてパッケージ共有できるコンテンツパックという機能の、兄弟的な存在として使っていただくことを想定したものです。 コンテンツパックは、さまざまなデータを一瞬で取得できるのが特長であり、また、データはソースアプリケーションと直接接続されます。一方、ソリューションテンプレートの場合は、データマートやデータウェアハウスと接続してデータを取得でき、そのデータを拡張・カスタマイズしてビジネスの分析ソースとして利用します。

新しいデータを取り込むことで、これまでに作れなかった類の、優れたレポートやビジュアライゼーションが作成可能になるでしょう。初回リリースとなる今回のテンプレートでは、過去の情報を分析し今後のトレンドを予測するといった、セールスパフォーマンスの分析に重点を置いています。

20160815_news2
ソリューションテンプレートを使用したパワフルなレポートの例

 

ソリューションテンプレートの特徴

ソリューションテンプレートは、データソースに接続するためのいくつかの質問に答えるだけで、データ取り込みを開始します。Dynamics CRMやSalesforceから読み込んだデータを蓄積するデータサーバーには、 Azure SQL DatabaseとSQL Serverが対応しています。

20160815_news3

 

ソリューションテンプレートを使うメリットは

1つ目のメリットは、シンプルに始めて拡張が自在に行える点です。そのため、手っ取り早く分析を始めたいときのスタートポイントとして最適です。拡張性という面では、Dynamics CRMやSalesforceのデータだけでなく、ほかのアプリケーションやシステムなどから取得したデータを組み合わせるといった、分析には欠かせない作業も楽に行えます。たとえば、利益率やノルマなどといった分析には欠かせないけれど、Dynamics CRMやSalesforce内ではもっていないデータと組み合わせるといった際に役立ちます。

2つ目のメリットは、大きなデータもスムーズに取り扱える点です。1回目のデータの読み込みが済んだ後は、追加分や変更分だけをすばやく更新します。パートナー企業と協業したことで、Dynamics CRMやSalesforceのデータをAzureなどのデータベースと統合することが可能になりました。また、データ更新の頻度は好みによって決められるため、データを常に最新に保つことが可能です。

もちろん、セキュリティも万全です。3つ目のメリットは、Dynamics CRMやSalesforceのセキュリティモデルをSSASにも拡張し、データを閲覧するユーザー権限のセキュリティ管理もしっかり行える点です。

 

ソリューションテンプレートを使うには

新しいPower BI ソリューションテンプレートは、以下のページから利用できます。作成できるレポートのデモも公開されています。

Accelerate Power BI deployments with solution templates

また、技術者向けにはGitHubのデータリソースも公開されています。