RELAX

オフィスワーカーの悩みを解消!腰痛防止アイテム5選

0

出社してから帰るまでの会社にいる時間、ほとんどが座った状態という方も多いのではないでしょうか?一日7時間座っているとすると、一ヶ月154時間もデスクワークをしている計算に。これでは腰が痛くなるのも当然ですよね。腰の位置をこまめに変えたり、さすって気を紛らわせたり。オフィスワーカーの宿命とも言える腰痛。痛みが酷くなると、集中力が下がって仕事にも影響が出てしまいかねません。そこで、1年中デスクワークがメインのあなたへ、腰痛防止アイテムを厳選して5つご紹介します。

 

そもそも座りっぱなしだと何故腰が痛くなるのか?

座位姿勢による腰へのダメージは立っている時の約2倍。それが長時間ともなれば、腰が痛くなるのは当然のことです。さらに、同じ姿勢のままでいると、筋肉が凝り固まってしまい、これも腰痛の大きな原因に。血流やリンパの流れも悪くなるので、下半身太りの要因にもなってしまいます。

デスクワークが原因の腰痛を緩和するためには、正しい姿勢で座ることと、こまめに体を動かすことが必須条件。悪い姿勢で座っていると、腰痛だけでなく、体の歪みも発生してしまいますよ!

 

腰痛ケアに!活用度MAXのアイテム5選

【1】腰痛に悩むならクッション選びが重要!
1
今すぐできる腰痛ケアは、オフィスチェアにクッションをのせて座ること。柔らかい座布団があるだけでも腰にかかるダメージは軽減されます。中でもオススメは『お医者さんの円座クッション』。低反発のウレタンフォームが、腰を優しく包み込みつつ、腰にかかる体重を分散してくれる優れもの。背もたれとしても使用できるので、好きな使い方を試してみては?

【2】腰痛ケアのポイントは血流を良くすること
2
筋肉の凝り固まりを防止するためには、血流を良くすることが重要です。そこで『血流改善 腰ホットン(一般医療機器)』が役立つアイテム! 「イタタッ」と感じたときにこれを貼ると、痛みがゆっくりと緩和してくるはず。無臭なのでオフィスでも気兼ねなく使えるのが嬉しいですよね。お風呂に浸かっているようなリラックス気分も同時に味わえるので、デスクの中に常備したくなること必須!

【3】服の下で腰をサポート!安定した座りに導く
3
腰痛ケアをする際に忘れてはならないのが、サポーター。『パテックス 機能性サポーター(腰用) ハイグレードモデル』なら背筋と腹筋のバランスを整えて腰の負担を軽減してくれます。「デスクワークもするし、オフィス内を動き回ったり、たまには外回りにも行く!」そんなアクティブ派にもオススメ。もう腰をさする必要はなくなるかも!?

【4】ホームケアが腰痛予防の要!朝晩のケアアイテム
4
オフィスでできる腰痛対策だけでは、十分とは言えません。家でも腰の筋肉が凝り固まらないようにしておくことが大切です。中山式とmagico(マジコ)がコラボした『快癒器』は朝晩この上に10分間寝るだけの簡単ケアグッズ。ツボ押しレベルも調整でき、あなたの腰痛ランクに合わせてカスタマイズ可能!

【5】オフィスでも家でも!姿勢ケアで腰痛予防
5
腰痛持ちの人なら親しみがある整体やカイロプラクティック。そのメソッドを取り入れた姿勢矯正シート『Body Make Seat ‘Style’』は正しい姿勢を身につけるのに最適。悪い姿勢を改善するので、血流促進にも効果的! オフィスなら自分のイスの上において使用できますし、家でチェアー使いをしても◎。腰痛緩和だけでなく、姿勢もキレイになるので一石二鳥です。

オフィスでできる腰痛ケアとホームケアの両方を組み合わせて、一日中座っていても腰痛を感じない仕事タイムを過ごしましょう!