RELAX

キーボードは便座の5倍汚い!? オフィスデスクの菌がスゴイ…。

1003_relax

ご自身のオフィスデスク、1日の使い方を振り返ってみましょう。仕事だけではなく、忙しいときには、デスクで食事をすることもありますよね。よく考えてみると、私たちは仕事中、とても長い時間デスクの前にいます。もしかすると、あなたのオフィスデスクは菌だらけかも!?
そこで今回は、ロンドンで行われたある調査についてご紹介します。

 

便座の5倍汚いキーボード

今回ご紹介するのは、ロンドンにあるオフィスパソコンの衛生状態についての調査結果です。イギリスの消費者雑誌『Which Computing』が、オフィスにある33個のキーボードの衛生状態を調べたところ、4つのキーボードから健康上問題のある細菌が検出され、そのうちのひとつは、病院にある便座の5倍の細菌が付着していた、という結果が報告されました。

もちろん、デスクの使い方・職場環境・衛生管理意識など、さまざまな違いはあるので、オフィスワーカー全てのキーボードが、便座の5倍の細菌が付着している、というわけではありません。とはいえ、実際にこのような調査結果が出ていることも事実です。

 

デスク周りにも要注意!

オフィスは、同僚や先輩、後輩、上司など、たくさんの人と一緒に働く場所であり、自分ひとりで使う空間ではありません。また、コピーをとったり、資料を運んだり、会議に集まって報告したりと、様々な人がオフィスの中を行き交います。ずっとオフィスの中にいる人もいれば、人混みの外出先から戻ってきた人も。
このような日々のオフィス内の状況を思い浮かべると、デスク周りの衛生環境には気をつけたいですよね。

普段、飲みものや食べものをデスクにそのまま放置……なんて経験はありませんか? デスク周りへの衛生意識に無頓着でいると、知らず知らずのうちに細菌を口にしてしまっているかもしれません。

 

エアダスターや除菌シートなどでお掃除を!

キーボードやデスク周りは、思った以上に汚い! と聞いても、焦る必要はありません。
お掃除や除菌をすれば、菌の繁殖は防げますし、ほんの少し気をつければ、安心な衛生状態を保つことができます。

スプレー形状で、シュっとキーボードのゴミを吹き飛ばせる「エアダスター」や、手軽にサッとふける「除菌シート」を使って、定期的にお掃除することを心がけましょう。汚れたら掃除するというのではなく、ちょっとした汚れをすぐに綺麗にする、というのがポイント。仕事に一区切りがついたら、○時になったらなど、習慣にしておくのもおすすめですよ。

 

おわりに

菌は目に見えるものではありません。目に見えるほどに汚れていれば、「汚い」と感じるかもしれませんが、目に見えない汚れにも要注意。特にキーボードなど、汚れが見えにくいものや、凸凹しているもの 、よく触るものには、菌が残りがちです。みなさんもこれをきっかけに、サッときれいにする習慣をつけてみてはいかがでしょうか?