RELAX

「冷房でダルくなってしまったカラダをリラックスさせる1分美容法」

relax_07011

「風邪を引いているわけではないのに、何だかダルく感じる」そんな経験ありませんか? 疲れがなかなか取れなかったり、カラダが重く感じたり。それって実は、エアコン環境に慣れてしまっているせいかも。そろそろオフィスで冷房を使い始めるこの時期に、冷房でダルくなってしまうその原因と対処法をご紹介します。嫌なダルさとサヨナラする簡単リラックスケアで、仕事効率も上げていきましょう!

 

長時間の冷房環境はダルさを引き起こす

relax_07012

キンキンに冷えたオフィスに長時間いると、カラダが冷え、血流が悪くなりがち。血行不良は自律神経のバランスを崩してしまうので、ダルさを感じたり、疲れが溜まっていたりするような感覚に陥ります。倦怠感がある状態では、集中力も散漫になりがちで仕事が手につかないもの。冷房空間は快適ですが、何時間かに一回の頻度で血行促進効果のあるマッサージを行うのがオススメです。特にボーッとしてしまうときは、一度頭をリセットするためにも、マッサージやツボ刺激でリラックス効果を高めてみては? デスクに座りながらできる耳マッサージと手のツボ押しは両方行っても1分で完了する手軽な血行促進&リラックス技。午前中に1回、ランチ後に1回、そして午後の眠気が高まる時間に1回と行って、ダルさを吹き飛ばしましょう!

 

引っ張り耳マッサージでリラックス

relax_07013

ツボと聞くと、足裏のイメージが強いですよね。そんな足裏と並ぶほど、実は「耳」には多くのツボが存在するのです。その数100個以上とも言われています。今回ご紹介する耳のツボを刺激してマッサージする方法は、耳の縁を強くつまんで真横に引っ張るだけ。ヨガでも行われるこの耳を引っ張る動作は、自律神経である副交感神経の働きを高める効果があります。副交感神経が働きが高まると、リラックス効果が得られるだけでなく、冷えの解消にもつながるので一石二鳥! 30秒ほど行ったら、耳周りが温かくなるのを感じるはず。真横に引っ張る動作以外にも、耳たぶをつまんで上に引き上げるようにマッサージする方法もオススメです。

 

手のツボ押しで簡単リラックス

relax_07014

手のひらの中心に位置するツボ「心包区(しんほうく)」は、自律神経の乱れを整える効果があります。ここをギューっと時間をかけて押したり揉んだりすることで、ダルさの原因である自律神経のバランスを整えていきましょう。倦怠感だけでなく、集中力が途切れてしまったときやイライラしがちなときにも、この心包区のツボ刺激がオススメ。心もカラダもリラックスしていくのが実感できるはずです。

relax_07015
夏のオフィスで感じがちなダルさを、耳マッサージや手のツボ押しでリセットしましょう。オフィスでできる簡単リラックス法、ぜひ試してみてくださいね。