TECHNIQUE

リオオリンピック注目選手のデータをPower BIでビジュアライズした事例3選!

20161114_01

今年は、リオデジャネイロオリンピックに沸いた夏でしたね。今回は、Power BIの活用事例として、オリンピックで活躍した選手についてオンラインで得られるデータを使ったレポートを紹介します。

Summer Olympics: Legends(リンク:http://community.powerbi.com/t5/Data-Stories-Gallery/Summer-Olympics-Legends/m-p/61971#M248

2016年夏季五輪には、世界から11,000人以上の選手が競技へ参加しました。その中でも、もっとも多くの注目を集め、トップの座に輝いた3選手の情報をPower BIのレポートで紹介したのが、今回の活用事例です。

紹介されているのは、サイモン・バイルズ選手(体操・アメリカ)、ウサイン・ボルト選手(陸上・ジャマイカ)、マイケル・フェルプス(水泳・アメリカ)の3選手。オリンピックで大活躍した選手たちなので、みなさんも記憶に残っているのではないでしょうか。

選手ごとに1シートある、このレポート。
まず、女子体操選手のバイルズ選手のレポートをご紹介します。左上は獲得メダルの数、左下は、個別種目、総合の順位。右側に時系列でニュースのヘッドラインを飾った数とそのタイトルを表示しています。

20161114_02

次は、3大会連続の3冠を達成し、9つの金メダルを獲得したボルト選手。レポートの下にある横棒グラフは、ボルト選手のタイムを基準に、ほかの選手の走行地点を示しています。どのくらいの僅差でゴールしたかがビジュアルにされていて、面白いですね。

20161114_03

最後のマイケル・フェルプスはオリンピックで獲得したトータルの金メダル数はじつに23個! 右にはどの種目で何度メダルを獲得したかがわかります。また、下の棒グラフは、フェルプスが優勝した種目での、ほかの選手とのタイム差を表しています。

20161114_04

これらのデータは、Wikipedia、Bing、Googleといった一般に公開されているデータを使って作成したものです。ただし、レポートの見せ方で使われたブレットチャートやパルスチャートには、カスタマイズ・ビジュアルを使っています。

このレポートを含むさまざまなサンプルデータは、データストーリーギャラリーに毎月、ユーザーにより投稿されています。また、こちらで紹介したレポートは、.pbixデータのダウンロードも可能です。新しいデータの表現方法の参考に、ぜひお使いください。

データストーリーギャラリー
http://community.powerbi.com/t5/Data-Stories-Gallery/bd-p/DataStoriesGallery