TECHNIQUE

Power BIオンラインのナビゲーションがすっきりと変化しました

Technique_0623_00

Power BIオンラインのナビゲーションエリアが新デザインとなり、より使いやすくなりました。

これまではβ版のインターフェース希望者だけが利用していた新インターフェースですが、全ユーザーに対し新インターフェースが順次提供されるようになります。ここでは、より便利になったポイントを紹介します。

 

すっきり畳まれたナビゲーションメニュー

Technique_0623_01

Power BIでは主要なファイル関連のボタンは、画面左側にあるナビゲーションに集約されています。これまでは、「ダッシュボード」「レポート」「データセット」のリストが展開した状態で表示されていたため、Power BIをしばらく使っていると増えたファイルがずらりと並んでしまい、作業中ファイルを探しにくいというデメリットがありました。その後「お気に入り」が登場するなど、ナビゲーションも変更点が加えられてきました。

今回の新インターフェースでは、図のように「お気に入り」「最近」「アプリ」「自分と共有」「ワークスペース」「マイワークスペース」というカテゴリが設けられ、個別のファイルをクリックして一覧で確認できるようになりました。

お気に入り:レポートやダッシュボードなどで「お気に入り」登録したファイルのみが一覧されます。
最近:最近開いたレポートやダッシュボードが一覧で表示されます。
アプリ:他の機能と連携している場合にアプリを追加できます。
自分と共有:ほかのPower BIユーザーから共有されたコンテンツを一覧できます。
ワークスペース:所属しているグループがある場合、ここからアクセスできます。Power BI Proを使用している場合に、グループを作成してコンテンツパックを作成できます。
マイワークスペース:自分で取り込み・作成したデータセット、レポート、ダッシュボードを一覧し、開くことができます。

 

畳めばアイコン表示に

作業中の画面を広く使いたい場合は、ハンバーガーメニューのボタンをクリックすると、コンパクトなアイコン表示に縮小できます。ワークスペースが広がり、大きな画面でレポート作成が行えます。アイコンかハンバーガーメニューをクリックすれば、ふたたびナビゲーションが展開されます。

Technique_0623_02

いかがでしたか? Power BIオンライン版を使っている方にとって、身近な機能のアップデート内容を詳しく紹介しました。頻繁にアップデートされるPower BIオンライン。 便利な機能が追加されれば、今後もピックアップしていきます。