TECHNIQUE

Power BIのテーブルとマトリックスの使い分け

Technique_0715

こんにちは、POWER BI FORUM編集部です。
今回は、視覚化の中でもよく使用する2つのチャート「テーブル」「マトリックス」について紹介します。

Power BIの「視覚化」の中に2つ用意されている表組チャート、「テーブル」と「マトリックス」。アイコンはよく似ていますし、同じように表ができますが、どこが機能として異なるでしょうか。

Technique_07151
左がテーブル、右がマトリックスのボックスを生成したところです。アイコンでは、マトリックスは最初の列が濃い色になっています。

 

テーブルは、一覧表の表示に使う

テーブルとは、一般に一覧表のことですが、Power BIのテーブルは、プロパティに「値」というオプションしかないことが特徴です。名前、住所、URL、メールアドレスから成るような名簿一覧は、テーブルを使って表示するのが適切です。

Technique_07152

しかし、1920年から2010年まで6回の都道府県人口調査のデータをテーブルで読み込んだ場合は、下図のように同県のデータが6回並んでしまいます。

Technique_07153
テーブルを選択した場合、選択したデータがすべて「値」として表示され、3つの列が並びます。

「フィルター」を使うことで表示する年を絞り込むことはできますが、一覧表しか作れないため、経年比較をしたい場合には不向きです。

 

マトリックスは行列の値がある表に使う

マトリックスは、「行列」のことです。縦と横にそれぞれ値がある表組みは、マトリクスを使います。たとえば、今回のような、年ごとに人口の移り変わりを調査した場合は縦軸に都道府県、横軸は調査年とすると見やすい表になりました。

Technique_07154
マトリックスでは「行」に「都道府県名」、「列」に「調査年」を指定しました。

 

テーブルやマトリックスにリンクを張れる?

テーブルとマトリックスでは数値や文字列をそのまま表示するので、Excel表とほとんど同様に見えます。しかし、フォーマットをExcelのように細かく指定するにはどうしたら良いでしょうか? たとえば、URLのリンクをアクティブにしておき、レポート上でクリックするとブラウザでWebページを開けるようにするなどの操作です。

そのような場合は、Power BI Desktopを使うと、ハイパーリンクを張ったり、既存のセルから算出した計算結果を表示する列を加えたり、といったことができます。

参考:
https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/documentation/powerbi-service-hyperlinks-in-tables/

今回の記事をおさらいすると、「テーブル」は列タイトルのみの表、「マトリックス」は、行列のタイトルがある表に使用する視覚化です。テーブルとマトリックス、どちらを使うのがよいかわからない場合の参考になれば幸いです。